TOPページへ施設の種類TOPへ種目別各競技場の種類

 

第1種

第2種

第3種

第4種

1周の距離

400m

400m

200m、250m、
300m、400m

距離の公差

+ 1/10000

+ 1/10000

+ 40mm以内

走路

直線部

巾11m250以上
(9レーン)とする
長115m以上

巾7.5m以上
(6レーン)
長114m以上

曲線部

巾11m250
(9レーン)

巾7m500以上
(6レーン)以上

3000m障害物競争設備(レーンの外側)

必要

無くても可

公認長距離競争路

至近距離に計画通り使用できる
コースがあることが望ましい

無くても可

公認競歩路

ある事が望ましい

無くても可

補助競技場

第3種400mトラック

全天候舗装である事が望ましい

無くても可

収容人員

15,000人以上

5,000人以上

相当数

更衣室

300人以上収容し得ること

100人以上収容し得ること

利用できる設備があることが望ましい

無くても可

T&Fの舗装材

第1種競技場では全天候舗装の施設を要する

土質でも可

浴場またはシャワー

男女各2ヶ所以上

男女各2ヶ所以上

利用できる設備があることが望ましい

無くても可

競技場の撒排水設備

降雨直後の使用が可能なること

無くても可

砂場、芝生等の管理に必要数

第1種に同じ

競技場にて開催し得る競技会との標準

日本陸上競技選手権大会、国民体育大会、日本学生陸上競技対校選手権大会、その他国際的な競技会等 加盟団体陸上競技選手権大会、地域学生陸上競技選手権大会、地方における国際的競技会等

加盟団体等の対抗陸上競技会等

対抗陸上競技会記録大会等

学校内・クラブ対抗 記録会等

 

(参考)

 

 

■トラック基本寸法(*印はI.A.A.F基準による)■

一周の距離

縁石が走路より5cm高い場合

縁石と走路が同レベルの場合

200m

32,000m
26,226m
42,508m

21,346m
20,000m
18,000m

32,000m
36,540m
42,824m

21,446m
20,000m
18,000m

250m

45,518m
50,000m
55,000m

25,000m
23,574m
21,982m

45,832m
50,000m
55,000m

25,000m
23,674m
22,082m

300m

60,000m
65,000m
70,000m

28,348m
26,757m
25,165m

60,000m
65,000m
70,000m

28,448m
26,857m
25,265m

350m

70,000m
75,000m
80,000m

33,123m
31,531m
29,940m

70,000m
75,000m
80,000m

33,223m
31,631m
30,040m

400m

80,000m
 84,390m*
85,000m
90,000m
95,000m

37,898m
 36,500m*
36,306m
34,715m
33,123m

80,000m
 84,704m*
85,000m
90,000m
95,000m

37,998m
 36,500m*
36,406m
34,815m
33,223m

(参考)

 

Copyright © 2001 奥山スポーツ土木株式会社 All rights reserved.